経営アドバイス・コーナー
BESTビジネス 3年無償ホームページのご利用はこちらから

【二次公募受付終了】IT導入支援事業(補助金)

IT導入補助金
サービス等生産性向上IT導入支援事業

経済産業省の「サービス等生産性向上IT導入支援事業(IT導入補助金)」は、中小企業者等におけるITツール(ソフトウェア、サービス等)の導入費用の補助を通じて、中小企業者等の生産性向上を目的とする事業です。IT導入補助金を利用すると、システム導入費用の3分の2(上限額:100万円 下限額:20万円)が補助されます。

 3月31日から開始されたIT導入補助金にかかる二次公募の交付申請の受け付けは終了いたしました。

補助対象となる経費

IT導入補助金補助率

当事業の承認を受けたITツールのソフトウェア、サービス導入費用

  1. 初期導入費用(ソフトウェア、導入コンサルティング料等)
  2. 1年分のクラウドサービス等の利用料

※ パソコンの購入代金など、ハードウェアにかかる費用は対象外です。
※ 交付決定前に導入したソフトウェア等の費用は補助の対象外です。


ITツール

貴社の課題を解決するために最適なITツールの組み合わせをご提案します。

ITツール

補助金を受けるには、どんな手続きが必要なの?

「IT導入支援事業者」である当事務所が、貴社に代わって補助金の申請手続きを行います!

IT導入補助金交付申請の流れ

当事務所から国(事務局)への申請期限(二次公募)


  • 交付申請に必要な書類の準備期限(上図③):6月16日(金)
  • 完了報告の期限(上図⑧):9月13日(水)

※「交付申請」「完了報告」の事務手続きには時間を要するため、国(事務局)の期限よりも早めの期限とさせていただきます。
 IT導入補助金の交付申請のご予定がある場合は、お早めにご相談ください。


IT導入補助金を受ける前に、確認しておくべきポイントは?

  • 補助対象者は、日本国内に本社及び事業所を有する中小企業者等です。(ただし、大企業の子会社等は対象外です)
  • 補助金の申請は、1補助事業者あたり1回のみです。
  • 事務局から認定を受けた「IT導入支援事業者」から、ITツールの導入支援を受けてください。
  • ITツールの導入による生産性向上の目標を設定して、その目標を達成するための事業計画の作成が必要です。
  • 必ず交付決定の後に、事務局から認定を受けたITツールを発注・検収・支払してください。
  • 初期導入費用および1年分のクラウドサービス等の利用料は、導入時に一括でお支払いください。
    (導入したITツールを1年未満で解約する場合は、補助金全額の返還が必要です)
  • 補助対象となるクラウドサービス等の利用料は初年度のみです。2年目以降の利用料は補助対象外です。
  • 補助事業開始から2021年3月まで、毎年3月末にITツールの導入による生産性向上の成果報告(後年報告)が必要です。

補助金の交付には、国(事務局)による審査があります。

まずは、当事務所までお気軽にお問合せください。
貴社の生産性向上をご支援します!